無線ルータに関するトラブル

LINEで送る
Pocket

(2014年1月28日のメモから)

ネットワークに関するトラブルは原因特定が難しい。
予想もしなかったことが引き金になっていたりする。

先日、Buffaloの無線ルータから11a対応のNEC製Atermに置き換えたら、
正常動作なら点灯しているはずのACCESSランプが点滅し、WAN側に繋がらなくなることが頻発した。
現象としては、端末が外のネットワークに繋がっていたのに突然繋がらなくなる。
頻度もランダムで、1日問題なく繋がっていたかと思えば30分おきに繋がらなくなることもあった。

あやしいと疑ったのはAtermとSoftBankの無線ルータ(iPhone契約時に無料でもらったものらしい)のIPアドレス競合だ。
AtermのLAN側IPアドレスは 192.168.0.* で、SBの無線ルータを調べてみると 192.168.0.* であった。

ケーブルテレビからの引込み線をスイッチングハブで分岐し、一方にAtermが、もう一方にIP電話アダプタが繋がっている。
そして、SBの無線ルータはIP電話アダプタのLAN側に接続されていた。
どちらの無線APも個別に暗号化してあったので問題が発生するとは思っていなかったが、
AtermとSBルータ双方の無線ネットワークに登録した端末の影響か、IPアドレスの取り合いになるようなのだ。

LINEで送る
Pocket